人気ブログランキング |

運慶の大日如来坐像約13億円

c0036228_21342647.jpg
運慶の仏像に12億円超=三越が落札、海外流出回避-NY

 【ニューヨーク18日時事】鎌倉時代の仏師、運慶の作品とみられる木造大日如来像が18日、ニューヨークの競売商クリスティーズで競売に掛けられ、日本の大手百貨店の三越が1280万ドル(約12億7000万円、手数料除く)で落札した。クリスティーズによると、日本の美術品としては過去最高、仏像としても世界最高の金額という。
 運慶は鎌倉初期を代表する仏師で、東大寺南大門の仁王像をはじめ、作品の多くが国宝か重要文化財に指定されている。文化財保護法によれば、指定文化財の国外への持ち出しには文化庁長官の許可が必要だが、この仏像は確認から日が浅いこともあり、こうした指定を受けていなかった。運慶の作品が国外で取引されるのは初めてで、海外流出の恐れが取りざたされていた。
 落札された仏像はヒノキ製で、高さ66.1センチ。割矧造(わりはぎづくり)と呼ばれる手法で制作されており、表面は金で彩色されている。作風などから運慶が鎌倉初期の1190年代に手掛けた作品とみられる。現在の所有者が2000年に北関東の古美術商から入手したとされ、03年に東京国立博物館の調査で運慶作の可能性が高いと判断された。
 この日の競売には内外から応札が相次ぎ、落札額は予想価格(150万~200万ドル)の6倍以上に達した。最後は三越と米個人収集家の一騎打ちとなったが、三越が制したことで、海外流出の危機は逃れた。 


最初このニュースをネットで(会社で)見たときは、

三越GJ。今日は買い物して帰るよ。(仕事場は三越前)

などと思いながらも同時に、「持ち主はどんな人なんだ・・・?」と思ってました。
海外流出の危機を危惧して、嘆願書などが出ていたということなのに叶うことなくオークション。
「こんな文化財を海外のオークションに出すなんてとんでもない野郎だ」とも思ってたんですが、先ほどTVで本人が出てまして曰く、

買う時にはがんばったサラリーマンが買える程度の価格だったそうです。
鑑定でどんでもない結果が出て、今では個人で所有できるものではないと文化庁に買取を依頼したところ、拒否されてしまい折り合いがつかず。(どんだけふっかけたんだろう?)
しょうがないので海外のオークションに出した。

という旨のことを言っておりました。
文化庁って、そんなにお金ないのかなぁ?という素朴なギモンが残りました。


それにしても、実物見てみたいなぁ。
by meg696jp | 2008-03-19 21:46 | 時事


<< 朝日の産経の泥試合 聖☆おにいさん >>