カテゴリ:Book( 9 )

【絵本】てぶくろ

c0036228_1075472.jpg皮膚科でウクライナ民謡の「てぶくろ」という絵本をみました。


山でおじいさんが落とした手袋に、森の動物達が住んじゃう話。

最初にねずみが入り
僕も入れてよー、と、うさぎが入り
さらにキツネが入り (この時点では先住を食べて奪うのかと思ってた)
オオカミが入り
イノシシが入り
(どんだけデカイてぶくろだよと)
クマが入り
(無理!無理!)


…いったいどういうオチなのかと読み進んだら、

落とした事に気付いたおじいさんが拾いにきて、中の動物達はみんな帰って行った。めでたしめでたし


というものでした。
おじいさんがガリバーだったという訳でもなく、正直何が言いたいのかわからないし(共産圏の国のお話だし、皆で仲良く分け合いましょうって感じでしょうか)、ツッコミどころ満載な絵本で脱力。
[PR]
by meg696jp | 2009-03-03 09:52 | Book

今読んでいる本たち

今、元ナースのママ友と本の貸し借りをしてます。


彼女の義父さんからプレゼントされたという本。
子どもの社会力』(amazon)


で、ちょうど私も似たような本を読んでいたのでお互いに貸し借りすることに。
子どもたちはなぜキレるのか』(amazon)

#『キレる』、『ムカつく』という言葉を深く考えたことはなかったのですが、改めて考え直すきっかけになりました。『腰ハラ文化の衰退』と言われて、その言葉の意味を納得できる環境にいた自分にちょっと安心できました。
子供にも自分にも、腰の引けた生き方はしたくないなと思えた1冊。


ちなみに、上記の本はまだ途中までしか読めてないんですが、
片方は社会学という視点から、片方は教育学(言語および文化)という視点からで、結果的には
同じような事を言っているような気がします。

これから子供を育てていくにあたって、子供との接し方や環境の作り方、いろいろ試行錯誤することでしょう。
しかも今は自分が育った時代とは環境が全く違う。世間や子供にどうやって対応していくかによって、いく様にも自分の周りの環境は変化していくんだろうなとも思う。
モンスターペアレンツが多いと問題になっている昨今、まっとうな親のほうが少数で疎外されない世の中になるといいなと願います。そして自分も社会の一員として恥じない行動のできる親になりたい。(そんな高度な人間でもないけどな、私w)


心に留めておいてこれからも時折心がけたい、そんな本たちでした。
[PR]
by meg696jp | 2008-08-29 23:39 | Book

聖☆おにいさん

c0036228_95357.jpgamazon:聖☆おにいさん

ずいぶん前に本屋で見かけて、「後で買おう」とのんきにしてたらあっという間に売り切れ。しかもどこにも売ってない。
しょうがないので増版を待って取り寄せしてしまいました。(そこまでか)


世紀末を乗り越え、立川のアパートで休暇中のブッダとイエスのかけあいがおもしろい。
この作者の前作、
「荒川アンダーザブリッジ:amazon」
もなかなかシュールでハートウォーミング[謎]だったのですが、仏教マニアな私には「聖☆おにいさん」はかなり楽しめました。


ちなみに、モリゾーさんは「絵が好きじゃない」と言って読んでくれようともしません。
食べず嫌いはいけないと思います。
[PR]
by meg696jp | 2008-03-16 10:01 | Book

[Comic] サムライカアサン

c0036228_239064.jpgサムライカアサン 板羽皆 1巻・2巻


随分前に、大物主婦Mさんとこにお泊りに行ってて「コーラス」で読んでからずっと気になってました。
2巻が発売されたということで、1巻2巻とまとめて購入。

かーちゃんスピリッツ満載でステキです。
ていうか、このオカンの言動、私に似てるそうです。フ
[PR]
by meg696jp | 2007-03-19 22:57 | Book

ONE PIECE 42巻

c0036228_21363562.jpg特に目的もなく立ち寄った本屋さんで、ONE PIECEの42巻が発売されてました。

で、買っちゃいました。

かわいいなぁ、チョッパー[違]
[PR]
by meg696jp | 2006-07-04 21:39 | Book

今日の猫村さん2

c0036228_18401274.jpg
のわ!「今日の猫村さん」の2巻が発売されてるよ!!
見なきゃ。

#とっても面白い漫画だと思うんだけど、あの質感で1200円は高いと思う今日この頃。
ちなみに1巻は立ち読み・・・・(オイ
[PR]
by meg696jp | 2006-05-04 18:43 | Book

エースをねらえ!

c0036228_402166.jpg「エースをねらえ!」の文庫本(原作)を読破しました。

かなり昔の漫画だし、だいたいの登場人物とかストーリーとかは覚えてたけど、まともに読んだことなかったので非常におもしろかった。
昔の漫画は本当に素晴らしいものが多いわ。

これをリアルタイムで読んでた人たちはおそらく今ごろ40代?
学生時代にこんなクオリティの高いものが読めてたなんて、ちょっとうらやましい。
とりわけ、お蝶夫人の懐の広さにびっくりした。なんて出来た人間なんだ!


去年上戸彩が主演でドラマ化してたような気がするけど、うすっぺらいドラマになってたんだろうなぁ・・・というのが容易に予想できます。あのストーリーを実写で表現するのは無理無理。
てか、笑いを取ろうとしてる魂胆みえみえなのが悲しい・・・。


ってことで、最近あまり会うことがない旦那さんとの会話は

「いつ起こしたらよろしくて?」だの
「あたくし、そんなのゆるせませんわ!」だの

もっぱらお蝶夫人口調です[謎]。

で、「エースをねらえ」でイメージ検索すると
[PR]
by meg696jp | 2006-04-01 04:03 | Book

リリー・フランキーフィーバー現象・・・

「東京タワー」、60万部も売れてるんですって!ちょいビックリ。
私は普段はベストセラーは読まないクチなんで、なんだかくやしい感じがするのですがまぁよし。(謎)


で、フィーバーっぷりを象徴して、先程「特ダネ!」で特集が。

リリーさんはこんな人だ!とか
これがリリーさんとオカンが住んだタイプと同じお部屋です!とか


うわー、なんかアイドルの追っかけみたい・・・。
本は好きだけど、なんかこういうの嫌い。
[PR]
by meg696jp | 2005-11-15 09:38 | Book

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

c0036228_4224518.jpg東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (著)
今、ひゃらたさんから借りてます。昨晩仕事帰りに届けてくれました。
まだでだし数ページしか読んでないんですが、リリー・フランキーってこんな文章書く人だったっけか?
昔、”日本のみなさんさようなら”を持っていたけど、ずいぶん感じが変わったなぁと。(まぁ”日本のみなさんさようなら”は映画紹介の本だけどさ。)

で、東京タワー、



「後半は泣いてしまうので電車で読むべからず」



ということらしいので、地道に家で読みます。

More ”東京タワー” 懐かしい地名が・・・
[PR]
by meg696jp | 2005-10-15 04:29 | Book