3/13〜3/21までの動き

3/13(日)
余震が続いていて、原発の状態も不安定なことから引きこもり。

3/14(月)
この日の朝方まで出血量が前回の内診(1週間前)と変わらないような気がした。
病院から「出血量が多くて止まらなかったり身体の他の部分が痛むようなら電話ください」と言われていたので念のため電話。
この日は担当医が休みなので明日また受診することに。
看護士さんに聞いたら、処置としては造血剤などの貧血防止策になりそうだとのこと。
が、しかしこの日の午後から出血量は減少。

3/15(火)
朝イチで病院に電話し、担当医に状況を説明して病院へ。
前回の細胞診の結果が出ているので、その説明を受ける。
『細胞が細かく神経系への分化の疑いあり』ということで、更なる検査中とのこと。
セカンドオピニオンでがんセンターを受診したい旨を伝えていたので、早々に受診してみてくださいと言われる。なんだよそれ。
病院から紹介状をもらってるがんセンターの担当医の予約をとったら、22日(火)で取れた。
こちらでがん専門の先生による所見や検査がこれから始まる。
どちらがMRI早く受けれるのか。。。

病院からの帰りに、処方された鉄剤をもらいに行った薬局で、がんに効くと言われている『びわの葉』のティーパックを発見!(家の近所のドラッグストアにはなかった)
残りの1箱をゲットし、飲む。

ここ数日は、SFのゆみちんのお友達が教えてくれた『免疫革命』という本を読みつつ
なるべく野菜を中心とした食生活と、早寝早起きをするようにしています。
がんに打ち勝つにはまず免疫力UP!そして身体を冷やさないようにおなかカイロ。(寒い日が続いていたので)


3/18(金)
びわの葉茶が効いてるのかおなかカイロが効いてるのか、お昼頃から大量出血!
玄米をわけてもらいにyoshimuさん宅にお邪魔してた頃からドバドバと。
夜用のナプキンが1時間もたない。。。なんじゃこりゃー、とトイレに行けば
ドロッと塊が出てくる。
ただ、生理痛みたいな痛みもなにもないのと、『免疫革命』を読んでいて身体の免疫力が上がれば悪い菌も退治できるのだという思想から、なんとなく恐怖感はなく
「血流が良くなって悪いものが出ていってるのかな」
くらいに思ってました。
どのみち病院からは、今出来る事は貧血防止くらいですと言われているので、次の診察まで
鉄剤を飲みつつなるべく血になるような食事をとることを心がける。
あと、試しにおなかカイロを外してみたw

昼間、岡山の初瀬おかんから電話をもらう。
いい情報ももらったし、とても励まされた。
よい歳の重ね方をした人の言葉は違うと思った。おかんーーー。


3/19(土)
天気もいいし、家にいては気分が滅入ることから、川崎ラゾーナのビックカメラにこもりぞーのおもちゃを買いに出かける。

お昼ごろから出血量も落ち着いてきた。やはり血流が良くなってたのが原因なのかな。
ただ、かなりの血が出たので貧血状態は否めない。朝のふとんの上げ下ろしで動悸がした。
とにかくお腹が空いたら食べる!食べる!
夕方には落ち着いたので、お寿司(赤身)食べて体力増進。
帰りにTEMOに寄ったら、常連さんがいっぱい。
はるかちゃんとかいくん(誰)夫妻がこもりぞーといっぱい遊んでくれた。ありがたい。
「めぐさんとにかくたくさん食べて!」と賄いごはんの肉じゃがを出してくれて、もうほんとにおなかいっぱい!!
楽しいひとときでした。


3/20(日)
昼間、がん経験者のyuuさんのお話を聞きたく、うちに来てもらった。
がんの種類や状況は違うものの、とても参考になりました。ありがとう。
またいろいろ聞くことがあるかもしれないけど、その時はよろしくお願いします!

夜は『どうげん』でAndroidな集まりに参加。
お初にお目にかかれた方々といろいろお話できて楽しかった。
出会いってすてき。



3/21(月・祝)
昨晩の続きのごとく、数名うちに招待してパスタな晩ご飯。
小学生&幼稚園生&こもりぞーと、boysが集まり、とても楽しそう。
和室ルームにプラレールやらがっつり広げて遊んでました。
とても楽しいひととき。こういうの重要。


===

まだ結果が出ていない今、がんという病名を聞かされ「死」という言葉が頭から離れず
正直「怖い」です。
でも、この「怖い」というのはどうやっても消えないので、もう向かっていくしかないのですね。
「怖い、どうしよう」ではなく「怖い、でも負けない!」と思っていたほうが生産的。

『免疫革命』という本、とても良い事を書いてありました。
〜がんの宣告を受けた患者さんはそれだけでも精神的にすごいダメージを受けているのに、医者は最悪のケースを前提にしか話をしない。それでは患者の免疫力は下がる一方だ。〜
というような事。

この一文を読んでかなり気が楽になりました。
こういう考えをもって治療をしてくれる先生もいるんだなぁ、と。
私はなんだかんだとチキンだし「褒められて伸びる子」なので、データ重視でメンタル部分を無視した治療をするような医師だとダメかもしれない。
でも、いろんな治療方法があり、いろんな医師がいるんだと分かったのでちゃんと見極めようと思った。

明日22日(火)はがんセンターを受診。
どんな先生なのか、ちゃんと見てみたいと思います。
[PR]
by meg696jp | 2011-03-22 00:15 | 闘病記 | Comments(0)


<< 3/22(火)明るいがん治療、開始。 東北関東大震災 >>